代表理事 挨拶

今の自分は大地から離れた暮らしをしているなあと思う。子どもの頃は大地を走ったり寝転がったり泥だらけで遊んだり、大地を感じるその日その瞬間が楽しくて仕方がなかった。3年前に出会った大地の再生講座をきっかけに、これまでの仕事(建築設計)や暮らしを自分なりに改善してきた。これが思った以上に大変で、良かれと思った行いが、現実世界との衝突を生んだ。大地にとっても人にとっても逆効果になることも多かった。どうしたら大地を再生できるか、周りの自然といきものと人々の協働の仕方、わからないことがたくさん出てきた。一方で、息を吹き返した木々や新しく吹き抜ける爽やかな風に元気を頂きながら、ともに協働できる仲間や理解者にも出会うことが多くなってきた。この流れに乗って、感じる力を磨いてゆきたい。

自然はすでに完璧で、自分の力は微々たるものだけど、大地に恩返しが出来て繋がりを実感できたら嬉しいし、次の世代に気持ちの良い自然を託せたら自分は幸せだなと思う。みなさんはどんな感じでしょうか。まずはこの1年、「大地の再生講座 結の杜づくり」を通してみなさんとともに、目の前の自然を体感しながら、自然も人も軽やかに調和する、共生できる暮らしを、たんたんと作ってゆけたら嬉しいです。

代表理事 和久倫也